>

気をつけなくてはいけない点

緻密ゆえに繊細な精密機械

時計の中身を見たことがあるでしょうか?
たくさんの小さな部品が精巧に組み込まれ、狂いなく時を刻むように正確な動きを繰り返しています。
ほんの少しぶつけてしまっただけでも狂ってしまい、修理をお願いした人もいるのではないでしょうか。
現在では精密機械というと電子機器を思い浮かべることが多いですが、古くは時計やカメラなどの機械装置を指すものでした。
電子制御の機能がついているから精密機械というわけではないのです。
アナログなものから始まり、デジタルへと進化していても、共通する弱点は強い衝撃や湿気、ほこりといった外的要因であることは間違いありません。
非常に繊細で少しのことでも故障する可能性がある精密機械は、普通の機械以上に取扱いに気をつけなくてはいけないのです。

いつまでも大切に使いたい

ひと昔前は精密機械の運搬といえば、専門の会社へお願いすることが普通でした。
今でももちろん、大型機械などは専門業者に運搬を依頼しています。
ところが今はハイテク化が進み、小型化したものを日常的に持ち運ぶことも多くなりました。
このようにごく身近になった精密機械を扱う際には、気をつけなくてはいけない事もたくさんあります。
せっかく手にした機械を長く使用したいのはごく普通の感覚でしょう。
取扱いに気を付け、定期的にメンテナンスをして大切に使いたいものですよね。
調子がよくないからといって、叩いたり振ったりするのはご法度です。
ちょっとおかしいかなと思ったら、早めに専門家に相談や修理を依頼することをお勧めします。


この記事をシェアする

トップへ